DISCOGRAPHY

DVD & VIDEO

LIVE archives 25

規格番号:TKBA-1124

25年分のライヴ・ヒストリーを、膨大なアーカイヴからレアな未発売 & 初DVD化映像を含めこの1枚に凝縮した、必見のDVD!!

【収録内容】 (収録時間120分)
★初収録 ■初DVD化
1. -OPENING-
2. TIME-SLIP A-LA-BA・LA-M-BA ★
3. -Welcome to the KK World-
4. Mis Fit
5. サバンナの夜
6. TARZAN
7. ナイフ
8. にくまれそうなNEWフェイス
9. BE MY BABY
10. 恋のジェリーフィッシュ
11. CRY/MARIA -不覚なKISS-
12. 終わらないSun Set
13. Juicy Jungle
14. ONE WORLD
15. MODERN VISION
16. Rainy Lane
17. プレデター
18. -Kicking the Cymbals-
19. -BLUE-
20. Debut Year's Eve at 見真講堂in Hiroshima ★
21. モニカ★
22. フライデーナイトレビュー■
23. モニカ■
24. a day・good night ■
25. モニカ■
26. You Gotta Chance ~ダンスで夏を抱きしめて~ ■
27. I'M IN BLUE ■
28. Rainy Lane ■
29. ポラロイドの夏■
30. パラシュートが落ちた夏■
31. サヨナラは8月のララバイ■
32. 雨上がりの非常階段■
33. No No サーキュレーション■
34. INNOCENT SKY ■
35. BIG SLEEP(FULL SIZE) ★
36. RAIN-DANCEがきこえる■
37. Modern Time ■
38. ロストチャイルド■
39. LA VIE EN ROSE ■
40. ナーバスビーナス■
41. 恋をしようぜ!! ■
42. BACK TO ZERO ■
43. -PURPLE-
44. Lunatic LUNACY ■
45, ONLY YOU ■
46. Weekend Shuffle ■
47. 心の闇(ハローダークネス) ★
48. No No サーキュレーション★
49. LA VIE EN ROSE ★
50. 終わらないSun Set ★
51. FANTASIA ■
52. ジェラシーを微笑みにかえて■
53. SEX CRIME ■
54. SACRIFICE ■
55. Purple Pain ■
56. KISSに撃たれて眠りたい■
57. VENUS ~迷い子の未来■
58. せつなさを殺せない■
59. SWEET GIRL ★
60. BOY'S LIFE(X-OVER EDIT) ★
61. BOMBERS (FULL SIZE) ★
62. パピルス★
63. SPEED ★
64. -RED-
65. アクセル■
66. Brain SUGAR ■
67. FLASHBACK ■
68. HOT ROD ■
69. HOT LIPS ■
70. PRETTY DOLL ■
71. LEVEL WELL ■
72. IMAGINE HEROES
73. BOY'S LIFE
74. Fall in Dream ■
75. TOKYO CIRCUS
76. パンドーラ
77. すべてはこの夜に
78. エロス★
79. Atomic Butterfly
80. INNOCENT SKY
81. パンドーラ★
82. Fame & Money
83. 恋をとめないで
84. Black Corvette '98
85. KISSに撃たれて眠りたい★
86. アクセル
87. RAIN-DANCEがきこえる
88. The Gundogs
89. せつなさを殺せない
90. -ENDING- ★

1984年2月1日シングル「モニカ」での衝撃的なデビュー以来、常に第一線で活躍してきた究極のエンターテイナー吉川晃司が2009年、デビュー25周年を迎える。他の追随を許さないワン・アンド・オンリーの存在感は別格で、全く色あせる事無く輝き続けている事は周知の通り。
音楽だけに留まらない活躍の場も多岐に渡り、俳優として映画、ドラマ、そしてミュージカル等にも出演。2009年は大河ドラマ「天地人」に織田信長役で出演するなど、音楽活動以外からも目が離せないアニバーサリー・イヤーとなりそうだ。

今なお進化し続けている吉川晃司だが、その真骨頂はなんと言ってもエンターテイメント性の高い破壊力満点のライヴ・パフォーマンス。今作ではその魅力の全てが網羅されていると言っても過言では無いデビュー時の1984年から徳間ジャパン・イヤーまで25年分・30本に及ぶ膨大なライヴ映像アーカイヴを高濃度に厳選収録。吉川ライヴ・ヒストリーをリアルに体感出来る必見必携のライヴ・ベストDVDです!!

■ライナーノーツ
一瞬も目が離せない。まばたきできない。この前代未聞のライヴDVD『LIVE archives 25』を何と呼べばいいのだろうか。デビュー25周年を迎えた吉川晃司の過去の膨大なライヴ映像を凝縮して2時間にまとめた作品なのだ。このとてつもなく濃密な映像を編集したのはこれまでも吉川のライヴ映像やドキュメント映像を手がけてきた小松壮一郎監督。ステージ上だからこそ出現する""生命の輝き""と""熱""とが見事に封じ込められている。この作品には""ライヴベスト""というよりも""ライフベスト""という表現の方がふさわしいだろう。
まず「TIME-SLIP A-LA-BA・LA-M-BA」と題された幕開けのライヴ映像が鮮烈だ。彼の代表曲のひとつ、「A-LA-BA・LA-M-BA」の80年代~2000年代の数々のライヴ映像がシームレスで繋がっている。つまり様々な年齢の吉川がタイムスリップして歌っているかのような映像なのだ。「A-LA-BA・LA-M-BA」というフレーズはまるで時を超えていく魔法の呪文のように響いてくる。
この『LIVE archives 25』は4つのブロックに分かれている。""Welcome to the KK World""と題された最初のブロックはデビュー20周年以降のライヴ映像で構成されている。つまり最新の吉川晃司のステージ。初収録となるアマチュア時代の映像で始まるブロック、""ブルー""は1988年までの映像。青さも若さも勢いもそのまま封じ込められている。続く""パープル""はCOMPLEX休止以降の1991年から1997年までのライヴ映像収録。ちなみにこのブロックの「BOMBERS」での吉川はいつもよりも動きが少ないのだが、実はわき腹骨折という重傷を負って、痛み止めを打ちながら、ステージに立っていたのだ。満身創痍の中でのシャウトからは彼の気迫までもが伝わってくる。パープルとはアザの紫色と重なる部分もあるかもしれない。続くブロック""レッド""には1998年以降から2004年までのライヴ映像が収録されている。炎の赤、情熱の赤、闘いの赤......。
""ブルー""""パープル""""レッド""の3つのブロックは時系列に沿って編集されているので、吉川晃司という人間がいかに成長してきたかのドキュメント映像としても堪能することができるだろう。ステージ上で彼は何に挑み、いかに闘い、何を掴んできたのか、その闘いの記録。そしてまたこれは同時に、リスナーへの愛の告白の記録でもありそうだ。「せつなさを殺せない」などの楽曲に託された思い、ステージ上からの「愛してるぜ」というぶっきらぼうな言葉、ふとした瞬間にみせる笑顔などなど。
エンドロールで流れるのは""25th Year's Eve""の映像、そして""Coming Soon""という文字。これは吉川晃司の新たなるステージへの壮大なる予告編でもあるだろう。それにしてもなんと濃密な25年なのか。おそらくリスナーそれぞれの人生とクロスする瞬間もあるに違いない。どんなに時がたっても、決して消えない炎があることを、この『LIVE archives 25』は教えてくれるはずだ。  (長谷川 誠)

ページの先頭へ